The Sword of Damocles

英語で読む ハリーポッターとアズカバンの囚人 第18章-2「ウルフスベーン・ポーション」

リーマスが狼憑きの症状を和らげるために飲んでいたウルフスベーン・ポーション。

開発者のダモクレスはその功績によりマーリン勲章を授与されたそうです。

もちろん20世紀に活躍したヒトなので、ギリシア神話に登場するダモクレスとは別人です(‘ω’)

トリカブト系の脱狼薬が開発されるまでは・・・

Before the Wolfsbane Potion was discovered, however, I became a fully fledged monster once a month.
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban, P.258 Lines -8, -7

トリカブト系の脱狼薬が開発されるまでは、月に一度、怪物に成り果てていたというリーマスの告白。

ウルフスベーン、なんという懐かしい響きでしょう。『ハリー・ポッターと賢者の石』でのスネイプの語り口がよみがえってきまする(´ω`)

「モンクスフードとウルフスベーンに違いがあるって本当ですか?」cv: のとまみ

チガっ(笑) こっちです!

「モンクスフードとウルフスベーンの違いは何かね?」

英語で読む ハリーポッターと賢者の石 第8章-3「トリカブト」

モンクスフードもウルフスベーンも aconite 「トリカブト」の別名です。

ウルフスベーン・ポーション

ウルフスベーン・ポーションとはトリカブトを主成分にした魔法薬で、狼憑きの症状を和らげる効果があります。

The Wolfsbane Potion is an innovative and complex potion that relieves, but does not cure, the symptoms of lycanthropy. The main ingredient is wolfsbane (also referred to as aconite or monkshood).
Wolfsbane Potion | Harry Potter Wiki

wolfsbane という名前の由来は、先のブログ記事に書いたとおり、狼を殺すためのワナに bane「毒」としてトリカブトをまぜていたことから。つまり wolfsbane は「狼毒」を意味します。

これで、狼憑きの症状を和らげる薬がなぜ Wolfsbane Potion なのか、ビミョーに納得ですネ

なお「脱狼薬」という訳語は日本語版ハリポタからの引用です。

ウルフスベーン・ポーションの開発者

ウルフスベーン・ポーションを開発したのは、ダモクレスという魔法薬調合のスペシャリスト。1970年代の半ば、リーマスがホグワーツを卒業した後、教授として戻ってくる前のことです。

ダモクレスがマーリン勲章を授与されたのは、その功績のためだろうといわれています。

参考:
Wolfsbane Potion | Harry Potter Wiki
Remus Lupin – Pottermore