Sibyl of Cumae by Filippino Lippi(イタリアの画家フィリッピーノ・リッピによる『クーマエのシビル』)

英語で読む ハリーポッターとアズカバンの囚人 第6章-4「シビル・トレローニーは真の予言者たるや?」

シビル・トレローニー教授は果たして真の予言者たるや?

ところでトレローニー教授の名前 Sybill は、アポロンの神託を受け取る古代の巫女 Sibyl の同音異義語。

アメリカ人の(US版の?)編集者は巫女バージョンの Sibyl を使うようすすめたらしいですが、J.K.R.さんは譲らなかったそうです。

シビルファンにとっては残念なその理由とは・・・

真の予言者はめったにいません。そしてトレローニー教授は・・・

‘Divination is one of the most imprecise branches of magic, I shall not conceal from you that I have very little patience with it. True Seers are very rare, and Professor Trelawney …’
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban, P.84 Lines -17 to -14

占いは魔法の中でも最も不正確な分野だとおっしゃるマクゴナガル教授。

で、トレローニー教授は結局?

果たしてトレローニーは true seers たりえるのか?

この後、マクゴナガルがなんと言おうとしたのかが気になるところ。。ま、肯定的な意見とは思えませんけど。

またまた Harry Potter Wiki さんから引用しますと、

Having an “inner eye” allows one to see into the future, and is a rare gift. Only Cassandra Trelawney, and her great-great-granddaughter, Sybill, are confirmed to possess it. However, Sybill’s mastery with it is abysmal, as most of her prediction is considered to be “woolly” by Hermione Granger, and fraudulent by Dolores Umbridge, however, a few of her predictions proved to be true.
Inner Eye | Harry Potter Wiki

超訳

Inner Eye を持つことが確認されているのは、カサンドラ・トレローニーと、そのひ孫の子であるシビルだけ。しかしシビルは予言がテキトーだとハーマイオニーに批判されたりアンブリッジからは詐欺呼ばわりされたりで、その能力は芳しくない。いくつか予言を的中させているのも事実だが。

シビルは rare gift である inner eye を持っている。そういう意味では true seers の資格はありそうですが、能力的に大きな疑問符がつくようですね。。

ここは読まない方がいいかも・・・

ポタモアにはもっとガッカリなストーリーが・・・

Sybill is the great-great granddaughter of a genuine Seer, Cassandra Trelawney. Cassandra’s gift has been much diluted over ensuing generations, although Sybill has inherited more than she knows. Half-believing in her own fibs about her talent (for she is at least ninety per cent fraud), Sybill has cultivated a dramatic manner and enjoys impressing her more gullible students with predictions of doom and disaster. She is gifted in the fortune teller’s tricks; she accurately reads Neville’s nervousness and suggestibility in his first class, and tells him he is about to break a cup, which he does.
Sybill Trelawney – Pottermore

超訳

シビルは真の予言者であるカサンドラ・トレローニーのひ孫の子。カサンドラの力は子から孫へと継承されていくに従い薄れていったが、シビルは自分が考えているよりも多くの力を受け継いでいる。予言の9割がペテン!のシビルは芝居がかった仕草で死や不幸を予言し、だまされやすい生徒たちを脅かして楽しんでいる。シビルは “予言” のトリックに長けている。シビルは最初の授業でネビルの性格を見抜き、ネヴィルがティーカップを割ってしまうだろうと皆の前で “予言” した。そして、神経質で暗示にかかりやすいネヴィルはシビルの ”予言” 通りにカップを割ってしまうのである。

予言の9割がペテンて・・・ シビルファンとしてはショッキングな記述・・・ (-_-;

ここはもっと読まないほうがいいかも・・・

同じポタモアからの引用です。

Sybill’s first name is a homonym of ‘Sibyl’, which was a female clairvoyant in ancient times. My American editor wanted me to use ‘Sibyl’, but I preferred my version, because while it keeps the reference to the august clairvoyants of old, it is really no more than a variant the unfashionable female name ‘Sybil’. Professor Trelawney, I felt, did not really qualify as a ‘Sibyl’.
Sybill Trelawney – Pottermore

記事の冒頭にも書いた Sybill という名のいわれと編集者とのバトルの話ですが、最後に

Professor Trelawney, I felt, did not really qualify as a ‘Sibyl’.

という一文が!トレローニー教授は Sibyl という名前に値しないそうです。。。

どんだけシビルをディスるんだよ~(´;ω;`)

 

Pottermore にはラベンダー・ブラウンの10月16日事件のことや、シビルがホグワーツで教鞭をとるようになった経緯など、ほかにもいろいろ書かれてました。興味のある方はこちらへ
Sybill Trelawney – Pottermore