The Guardian Angel Protecting a Child from the Empire of the Demon

英語で読む ハリーポッターとアズカバンの囚人 第12章-4「守護霊」

闇の魔法使いの身でありながら、怒りに駆られて守護霊の呪文を唱えたラクジディアンは、なんと自分の杖から飛び出した蛆虫に食い尽くされて死んだそうです。 ナム(-人-)

第12章は守護霊の章なのに、これまで一切守護霊の話が出てきてませんでした(・・;)

最後に HP Wiki さんの Patronus Charm から、一部を抜粋して紹介します。

Worthiness

It is a general belief held by the wizarding world that only those who are pure of heart are able to cast Patronuses; this, however, is untrue, as several characters with negative personality traits are able to cast a fully-fledged Patronus. Although generally Dark witches and wizards will not try to produce a Patronus, not having any need for one, most Dark wizards will be devoured by maggots coming from their wand and consuming the caster.

For this reason, Lord Voldemort and his Death Eaters were not able to cast a Patronus Charm (not that it was necessary, as they already had the dark creatures under their control via their affinity to darkness, and would have no use for Patronuses). However, some witches and wizards of questionable morals, such as Dolores Umbridge, are able to produce corporeal Patronuses, Umbridge doing so despite the fact that she was considered an evil person; her wearing of Salazar Slytherin’s Locket, which was one of Voldemort’s Horcruxes, was what enhanced her strength due to her evil affinity. She was able to produce a corporeal Patronus due to the enhanced strength. Conversely, Draco Malfoy was unable to cast one despite his waning evil. Severus Snape is the only Death Eater capable of casting the charm, as his love for Lily Evans was his one redeeming point.
Patronus Charm | Harry Potter Wiki

魔法社会では、純粋な心の持ち主のみが守護霊を作り出せると広く信じられている。しかしこれは間違いである。悪意のある人物が完全な守護霊を作り出す例は存在する。守護霊など不要な闇の魔法使いは、本来、守護霊の呪文を唱えたりはしない。しかし唱えると杖の先から蛆虫が飛び出してきて、術者を食い尽くしてしまう。

このため、ヴォルデモートと死喰い人は守護霊の呪文を唱えることができない(そもそも唱える必要はないわけだが。闇の魔物は闇を好む。その性質を利用して彼らはすでに闇の魔物たちを支配下に置いており、守護霊の呪文に頼る必要はないのである)。しかし、ドロレス・アンブリッジのような道徳的に疑問符がつく魔法使いが実体のある守護霊を作り出すことがある。アンブリッジは邪な人物だと思われているにもかかわらず、だ。悪への志向を持つアンブリッジは、ヴォルデモートの分霊箱でもあるサラザール・スリザリンのロケットを身に着けることで、力を得ていた。彼女はその増幅された力を借りて実体のある守護霊を作り出していたのである。対照的に、ドラコ・マルフォイは邪悪な考えが弱まってきていたにもかかわらず、守護霊の呪文を唱えることはできなかった。死喰い人の中でこの呪文を唱えることができたのはセブルス・スネイプただ一人である。リリー・エバンズへの愛がそれを可能にした理由のひとつであろう。

おしまい。