英語で読む ハリーポッターとアズカバンの囚人 第2章-3「口裏を合わせる」

ハリーはいつの間にか『セント・ブルータス少年院』に収容されていることに!
それに対して stick to that story口裏を合わせろ」という、これまた無茶なバーノンおじさんの指令・・・。

stick to that story が出てきたついでに、前々から気になっていた stick to one’s guns という表現についても調べてみましたよ。

おまえは口裏を合わせるんだ

And you’ll be sticking to that story, boy, or there’ll be trouble,’ spat Uncle Vernon.
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban, P.20

「マージおばさんには、ハリーが『セント・ブルータス更生不能非行少年院』に収容されていると言ってある」という衝撃発言が飛び出た後に続く、バーノンおじさんのセリフ。

stick to the/one’s story

stick to the/one’s story は「一貫して同じ証言をする」。

LONGMAN DICTIONARYからもう少し詳しい説明を拾うと、

stick to the/your story
spoken to continue to say that what you have told someone is true, even though they do not believe you
stick to the/yourstory | LDOCE

たとえ不信の目で見られようとも、一度言ったことを変えずに主張し続ける と。

タイトルは日本語版ハリポタからの引用ですが、いい感じですね。

おまえは口裏を合わせるんだ。いいか、小僧。さもないとひどい目に遭うぞ
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人, P.27

stick to one’s guns

stick to one’s guns は「反対されても決心を変えない」。

一応、LONGMAN DICTIONARYから拾っときましょう。

stick to your guns
informal to refuse to change your mind about something, even though other people are trying to persuade you that you are wrong
stick to your guns | LDOCE

たとえ人から間違っているといわれようとも、決心を変えない と。

この表現、さる曲↓の冒頭に使われていて、ずっとサイコなガンマニアのことを歌ってるのかと思ってました(汗)

He sticks to his guns
He take the road as it comes
It take the shine off his shoes
He says it’s a shame
You know it may be a game
Ah but I won’t play to lose

News – Dire Straits

「人のいうことなんか聞きゃせずにバイクを飛ばして、靴が汚れるのもお構いなし」みたいな歌だったようです。