英語で読む ハリーポッターとアズカバンの囚人 第2章-4「じゃ、行ってくるぞ」

See you in a bit は「さよなら」「またね」。
出かけるときの挨拶代わりで「行ってくるよ」という意味合いも。

この後会うことのある人、もう二度と会うことのない人、両方に使うようです。

じゃ、行ってくるぞ

See you in a bit, then,’ he said, and he left the kitchen.
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban, P.20

in a bit は「すぐに」「もうちょっとしたら」などの意味がありますが、see you in a bit というときは、特段すぐにってわけではないようです

海外のフォーラムから、いくつか see you in a bit に関する発言を拾ってみますと・・・、

  • I first started to watch a Youtuber named FrankieonPCin1080p who is a British gamer and commentator, and one of the phrases he uses often is “see you in a bit” even though he uses it with people he does not expect to ever see again.
  • ‘See you in a bit’ is a colloquial way of saying Goodbye.
  • It’s a quite common thing to say when saying goodbye.
  • As you say, it’s more ‘man on the street’ than ‘Goodbye’, and I wouldn’t say it in more formal situations. We do say ‘see you later’ as well.

“See you in a bit” – English Vocabulary

  • イギリス人のユーチューバーが、もう二度と会うことのない、通りすがりの人にも see you in a bit って使ってたよ
  • See you in a bit は goodbye を言うときのくだけた表現さ
  • goodbye を言うときに普通に使うよ
  • goodbye よりもカジュアル。お堅い状況では使わないな。see you later とも言うよ。

結局 see you later と思っとけばいいみたいですね。

てか、goodbye って意外にお堅い表現だったんだ・・・。日本語のグッバイのイメージとはずいぶん違うものだ。。

叩きのめされたいのか?

‘You’ll get the stuffing knocked out of you, won’t you?’ roared Uncle Vernon,
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban, P.21

knock the stuffing out of somebody で「~をやっつける」。

ハリポタの文章は上記とは語順が違いますけど、get を使った「~される」という被害を表す表現

get + 目的語(the stuffing) + 過去分詞(knocked) out of you

のために、並びが変わっています。

すごく憂鬱な気分になりながら、ハリーは玄関のドアを開けた

A feeling of great gloom in his stomach, Harry pulled the door open.
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban, P.22

マージおばさんのご到着でブルーなハリー。

また出ました、stomach を使った感情表現。

参考:
英語で読む ハリーポッターとアズカバンの囚人 第1章-3「揺れる胃袋」

ちなみに、日本語版ハリポタでは以下のような表現に。

胸の奥が真っ暗になりながら、ハリーは戸をあけた。
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人, P.31

今回はストレートフォワードな訳ではありませんでしたね。