英語で読む ハリーポッターとアズカバンの囚人 第10章-2「ビッド・グッバイ」

ビッドといえばレイズにコール。ポーカーしか頭に浮かびませんけれど(´ー`)

というか、もはやダニエル・J・ダービーのことしか頭にないのですけれど(´ー`)

ヒイイイイイイイイ言ってやるゥゥゥゥ
おれは最強のバクチ打ちだァァァァァァ
受けてやるゥゥゥコールしてやるゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ
コール!コール!コール!コール!コール!コール!コールコールコールコールコールコールコール
コールと言うぞォォ~~~っ コ・・・コ・・・・・・・・・・
ジョジョの奇妙な冒険 第23巻

あらためて読み直すと、意外にもビッドという言葉はひとことも使われてなかった・・・。

ていうかポーカーの世界ではベット bet の方が正しい用語みたいです。
(ベットもジョジョでは出てきませんけどネ)

 

 

閑話休題。ハリポタではサヨナラを言うのにビッドが使われておりまする。

ルーピンは急に腕を伸ばし、ハリーの肩をつかむような仕草をしたが思い直した

Lupin made a sudden motion with his arm as though he had made to grip Harry’s shoulder, but thought better of it.
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban, P.140 Lines 21, 22

make to ~ は「~しようとする」。think better of ~は「考え直す」。

またもやUS版情報ですが、なんと he had made がサックリ削除されてました。

Lupin made a sudden motion with his arm as though to grip Harry’s shoulder, but thought better of it.
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban

でも、これが意外にわかりやすいという(笑)

さすが安定のUS版、初心者の味方!

ルーピンのディメンター防衛術のレッスンの約束やら何やらで、ハリーの気分は上向いていった

What with the promise of anti-dementor lessons from Lupin, the thought that he might never have to hear his mother’s death again, and the fact that Ravenclaw flattened Hufflepuff in their Quidditch match at the end of November, Harry’s mood took a definite upturn.
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban, P.141 Lines

what with ~ で、「~やら~やらで」。

長々と引用しましたが、what with の構文を抜き出すと

What with the promise … , the thought … , and the fact … ,

で、あれこれ並べ立てた挙句、最後に

Harry’s mood took a definite upturn.

という文章構造になっております(・ω・)

ハリーは、マントやスカーフを纏ったロンとハーマイオニーに別れを告げた

On the Saturday morning of the Hogsmeade trip, Harry bid goodbye to Ron and Hermione, who were wrapped in cloaks and scarves, … (snip)
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban, P.142 Lines 12 to 14

bid ~ to someone あるいは bid someone ~ で「人に挨拶などを述べる」。辞書にもこのような文例が。

He bade goodbye to us. or
He bade to us goodbye.

挨拶バージョンの bid

ん?ハリポタは bid なのに、なんで辞書の方は bade ??と思ってネット検索してみたら、Cambridge Dictionary に「挨拶する」「指示する」という意味の bid の過去形は bid あるいは bade だという記載がありました。

現在、過去、過去分詞、現在分詞は以下のようになります。

bid – (bid または bade) – bidden – bidding

入札バージョンの bid

一方、「入札で値を付ける」という意味の bid では変化が異なり、以下のようになります。

bid – bid – bid – bidding

ややこい・・・