英語で読む ハリーポッターと賢者の石 第1章-4「ガイ・フォークスの焚き火祭り」

「ボンファイア・ナイト」が「ガイ・フォークスの焚き火祭り」になる理由とは?

ガイ・フォークスの焚き火祭り

Perhaps people have been celebrating Bonfire Night early
Harry Potter and the Philosopher’s Stone, P.10

テレビのアナウンサーが、今日は流れ星がどしゃ降りだったと伝えたあとのセリフ。

たぶん、早々と『ガイ・フォークスの焚き火祭り』でもやったんじゃないでしょうか。
ハリー・ポッターと賢者の石, P.13

Bonfire Night

Bonfire は「かがり火・焚き火」。

Bonfire Night とは、「かがり火を焚き、花火を鳴らして祝う毎年恒例のお祭り」で、国によって何をいつ祝うのか異なります。

Bonfire Night is a name given to various annual celebrations characterised by bonfires and fireworks. The event celebrates different traditions on different dates, depending on the country. Some of the most popular instances include Guy Fawkes Night (5 November) in Great Britain, which is also celebrated in some Commonwealth countries; Northern Ireland’s Eleventh Night (11 July), and 5 November in Newfoundland and Labrador.
Bonfire Night – Wikipedia

イギリスでの Bonfire Night は、11月5日に開催される Guy Fawkes Night を指すことから、日本語版では「ガイ・フォークスの焚き火祭り」と訳されているようです。

なお、似たような bonfire の伝統的な祭り(というか儀式)がスカンジナビアに残っていて、Walpurgis Night と呼ばれているのだとか。

そう、あの『ワルプルギスの夜』です。ワルプルギスの夜ときたら、もうアレを推すしかありませんね(^_^;

 

「ガイ・フォークスの焚き火祭り」に話を戻します。

名前からガイ・フォークス氏の功績をたたえるお祭りなのかなと思ったら、真逆でした~

クーデター未遂事件を起こしたガイ・フォークス(の人形)を市中引き回しにする という恐ろしいお祭りなのでしたΣ(゚Д゚;)

あれの仲間と何か関係があるのかと

Well, I just thought … maybe … it was something to do with … you know … her lot.
Harry Potter and the Philosopher’s Stone, P.11

ダーズリー氏が、昼間見た怪異(流れ星とか変な格好の集団とか)とポッター家の関連を疑って、奥さんに話しかけます。

lot には、「人やものの群れ」という意味があります。なので、最後の her lot は、her つまりハリーのお母さんの仲間(の魔法使いたち)を指します。

私に言わせれば

‘Harry. Nasty, common name, if you ask me.’
Harry Potter and the Philosopher’s Stone, P.11

if you ask me は、きかれてもないのに自分の意見をいうときのフレーズです。
短い文章ですが、ダーズリー夫人(ペチュニア)のハリーに対する嫌悪感がよく出てますね。