英語で読む ハリーポッターと賢者の石 第4章-1「黒い黄金虫」

黒い黄金虫のように輝いて

but you could make out his eyes, glinting like black beetles under all the hair.
Harry Potter and the Philosopher’s Stone, P.39

とうとうダーズリー一家(とハリー)が逃げ込んだ海の上の小屋にまで押しかけてきたハグリッド。

beetle は英和辞典では「甲虫(カブトムシ、クワガタなど)」。

しかし英語圏(ヨーロッパ含む?)では beetle と聞くと黄金虫(コガネムシ)をイメージするようです。

ちなみに日本語版ハリポタでは

でも、毛むくじゃらの中から、まっ黒な黄金虫のような目がキラキラ輝いているのが見える。
ハリー・ポッターと賢者の石, P.72

となってました~

紅茶くらい入れてくれんのかね?

‘Couldn’t make us a cup o’tea, could yeh? It’s not been an easy journey…’
Harry Potter and the Philosopher’s Stone, P.39

ついに登場したハグリッドの開口一番のセリフ。

フツーに読むと「みんなに紅茶を」という意味になっちゃいますが、この us が実はハグリッドのナマリで、正しくは me です。

正しい英語にすると、

Couldn’t make me a cup of tea, could you?

で、自分に一杯と言ってるわけですネ。

ハグリッド語についてはメニューの、イギリス訛り>ハグリッド語をご覧くださいませ。