ハリポタで学ぶ! could do withの意味と使い方

could do with は「~が欲しい」「~が必要だ」などの意味です。必要の度合い(レベル)は高く、need ~ very much に置き換えることができます。

could do with

以下、ハリー・ポッターと秘密の部屋 第3章隠れ穴から、ウィーズリー夫人が、勝手に車を持ち出した子どもたちをしかりつけている場面です。

‘YOU COULD DO WITH TAKING A LEAF OUT OF PERCY’S BOOK!’ yelled Mrs.Weasley,
Harry Potter and the Chamber of Secrets, P.30

セリフの部分を直訳すると

「パーシーを是非とも見習ってもらう必要があるわね!」

意訳して、こういうときにありがちなセリフにすると、

「少しはパーシーを見習ったらどうなの?」

take a leaf out of someone’s book

take a leaf out of someone’s book で「の行動を手本にする」「を見習う」の意を表します。

日本の諺でいうと、「爪の垢を煎じて飲む」ってところですね。