Vic formation

英語で読む ハリーポッターと炎のゴブレット 第8章-5「ホークスヘッド攻撃フォーメーション」

ホークスヘッド攻撃フォーメーションの隊形が公式通りアローヘッドなのか、はたまたデルタなのか、V字型なのかについて突っ込んでみました~(・∀・)

答えを先に書いておきますと、V字型:Vic formation です!

ホークスヘッド攻撃フォーメーション

Hawkshead Attacking Formation‘, he read as he watched the three Irish Chases zoom closely together, Troy in the centre, slightly ahead of Mullet and Moran, bearing down upon the Bulgarians.
Harry Potter and the Goblet of Fire, P.97 Lines 1 to 4

トロイを中心に三人で編隊を組み、ブルガリア陣に突っ込んでいくアイルランドのチェイサーたち。

Hawkshead Attacking Formation

いつものQTAによると Hawkshead Attacking Formation とは、

Hawkshead Attacking Formation
Chasers form an arrowhead pattern and fly together towards the goalposts. Highly intimidating to opposing teams and effective in forcing other players aside.
Quidditch Through the Ages P.122

「相手の陣地に切り込んで敵を蹴散らすための隊形」で、「チェイサーがアローヘッド(やじり)の隊形を組む」のだそうです~

アローヘッドって実際に航空機の編隊にあるので、この場面に合いそうなデルタ、V字型も込みでチェキしてみます。

arrowhead

arrowhead

アローヘッドとはその名の通り鏃(やじり)の形をした隊形で、1番機の直後を2番機が、3, 4番機を従えるように飛びます。

トロイたちは3機編隊なので、実はアローヘッドじゃなくね?って感じです。

delta

delta

デルタは一目瞭然、3機以上の編隊で三角形を作ります。

Vic formation

Vic formation

Vic formation はその名の通りV字編隊。説明不要ですねー(´ー`)

せっかくなのでネットから拾った薀蓄をいくつかご紹介しますと・・・

  • 同じようなV字型の鳥の編隊は Vic formation ではなく、V formation と呼ばれる
  • Vic という名前は Victory 由来ではなく、フォネティックコード(通話表)の V が Victor であるため
  • V字編隊が最初に登場したのは第一次世界大戦
  • 第一次大戦中は飛行機に無線が搭載されておらず、編隊長から僚機に対して手信号で合図を送る必要があった(そのためにV字編隊が編み出された)

ちなみにフォネティックコードって、アルファベットの A, B, C を Alpha, Bravo, Charlie と呼ぶアレです。

 

というわけでホークスヘッド攻撃フォーメーションは Vic formation ですかネ。

デルタもなくはないですがV字編隊の方がメジャーですし、無線を持たないトロイたちにもピッタリです(笑)

ミリオタ上等って方はこちらも参照くださいませ
編隊 – 航空軍事用語辞典++
Vic formation – Wikipedia

bear down upon

bear down on(upon) は「威圧する」「奇襲攻撃をかける」。ここは後者の意味デス。

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』2章 ドビーの警告では、ハリーが実は学校の外で魔法を使うことを禁じられている、ということを魔法省からの手紙で知ったバーノンおじさんが、歯をむき出してハリーに迫るシーンで使われています。

‘You didn’t tell us you weren’t allowed to use magic outside school,’ said Uncle Vernon, a mad gleam dancing in his eyes. ‘Forgot to mention it … Slipped your mind, I daresay …’
He was bearing down on Harry like a great bulldog, all his teeth bared.
Harry Potter and the Chamber of Secrets, P.21 Lines -12 to -8