英語で読む ハリーポッターと炎のゴブレット 第8章-6「ノックダウン」

クラムが仕掛けたウロンスキー・フェイントに引っかかりフィールドに激突、ノビてしまうリンチ。

get ploughed はノックアウト、ノックダウンと同じ意味ですが、おとなの辞書では危険な意味を持つようです。アハッ☆

リンチなら大丈夫さ、気を失っただけだ

‘They’re going to crash!’ screamed Hermione next to Harry.
(snip)
‘He’ll be OK, he only got ploughed!‘ Charlie said reassuringly to Ginny, who was hanging over the side of the box, looking horror-struck.
Harry Potter and the Goblet of Fire, P.98 Lines 18 to 28

plough は「鋤(すき)」「耕す」「鋤く」など。

単語の意味だけではこの文章はイミフですね…

get ploughed

get ploughed については stackexchange に、まさしくこのハリポタの文章をとりあげたスレッドがありました~

そこから答えらしき箇所を引用しますと、

To get ploughed/plowed or get ploughed/plowed under generally means to get knocked over or knocked down. It can be literal (as in your example) or figurative.

To plough/plow into means to run thoughtlessly into someone or something.

To plough/plow through means to push through a long and/or arduous task and complete it as quickly as possible

What’s the meaning of ‘get ploughed’ in sports?

get ploughed は「ノックアウト」「ノックダウン」と同じ意味でよさげです。

一方、おとなの辞書では… plough はセク○ャルなインターコースを意味するそうです(;・∀・)
Urban Dictionary: Plough

The Plough

他方 plough のまっとうな使われ方として、英国では北斗七星のことを the Plough と呼ぶそうです。

米国での呼称は the Big Dipper。私はニューホライズンで習いました(笑)

ウロンスキー・フェイント

He watched as Krum and Lynch dived gain in slow motion. Wronski Feint – dangerous Seeker diversion read the shining purple lettering across his lenses.
Harry Potter and the Goblet of Fire, P.98 Lines -4 to -2

最近なにかとクィディッチ・テクの解説が続いてましたので、ウロンスキー・フェイントについても触れておきますと、

  • ウロンスキー・フェイントはポーランド人のシーカー、ジョセフ・ウロンスキーに因んでつけられた
  • ジョセフはポーランドの Grodzisk Goblins(グロジスク・ゴブリンズ)というチームに所属していた

のだそうですョ。ソースはいつもの Quidditch Through the Ages 。

 

QTAを読むなら安心のUK版、Bloomsbury Books で是非♪