英語で読む ハリーポッターと炎のゴブレット 第7章-10「お茶が欲しいワ」

do me a brew に make me a cup of tea 。

お茶をおねだりする表現もいろいろ。

お茶でも出してくれんか?

Bagman turned most cheerfully back to Mr Weasley.
Couldn’t do me a brew, I suppose?’
Harry Potter and the Goblet of Fire, P.82 Lines 12, 13

フレッドとジョージから賭けを募り、上機嫌の「ザ・ブックメーカー」バグマン。次は茶をご所望というシーン。

do me a brew

do me a brew で検索するとなぜか検索トップが Harry Potter Lexicon さんでした~

Definition
Make and serve a cup of tea.
do me a brew – The Harry Potter Lexicon

頼みごとをするときの慣用句、

do me a favour

の最後を brew「コーヒー」「紅茶」に変えただけなのかも。

make me a cup of tea

茶を出してくれんか?と言われると、思い出すのは『ハリー・ポッターと賢者の石』第4章でハグリッドが登場するシーンですねー。

ハグリッド語のせいで

Couldn’t make us a cup o’tea

というややこしいことになってましたガ( ̄◇ ̄;)

英語で読む ハリーポッターと賢者の石 第4章-1「黒い黄金虫」
いよいよハグリッド登場。彼の目は真っ黒な黄金虫のように輝いていて・・・。

ブルガリア魔法省の責任者

‘I’m keeping an eye out for Barty Crouch. My Bulgarian opposite number‘s making diffiulties, and I can’t understand a word he’s saying.
Harry Potter and the Goblet of Fire, P.82 Lines 13 to 15

ブルガリアの責任者のクレーム対応のためにバーティ・クラウチを探しているというバグマン。

opposite number

フガフガ number とか書かれると、

  • even number「偶数」
  • odd number「奇数」

を連想しますが、opposite number は「(他の国、職場などで)対等の地位にある人」。

Definition of opposite number
: a member of a system or class who holds relatively the same position as a particular member in a corresponding system or class : COUNTERPART
Definition of Opposite Number by Merriam-Webster

counterpart「(異なる組織で機能が)同等の人」「片割れ」だと俄然わかりやすい!

ちなみに opposite number の number は「数」ではなく、「仲間」「人」などの意味で使われてます。

make difficulties

make difficulties は「苦情を申し立てる」。