英語で読む ハリーポッターと炎のゴブレット 第7章-3「はちもんじまゆ!」

八文字眉、恥ずかしながら日本語版ハリポタで初めて知りました…。

今回は brows unknitted と八文字眉の関係についてツッコミます!

はちもんじまゆ!

‘Obliviate!’ he said sharply, pointing his wand at Mr Roberts.
Instantly, Mr Roberts’s eyes slid out of focus, his brows unknitted, and a look of dreamy unconcern fell over his face.
Harry Potter and the Goblet of Fire, P.72 Lines 14 to 16

ニッカーズ(ほんとはプラスフォーズ)を履いた魔法使いがマグルのロバーツ氏の隣に忽然と現れ、『忘却術』をかけるシーン。

この部分、日本語版ハリポタでは、

「オブリビエイト! 忘れよ!」杖をロバーツさんに向け、鋭い呪文がとんだ。
とたんにロバーツさんの目が虚ろになり、八文字眉はちもんじまゆも解け、夢見るようなとろんとした表情になった。
ハリー・ポッターと炎のゴブレット, P.120

brows unknitted が「八文字眉も解け」ということに…

brows unknitted

まず予備知識として、

  • knitted brow :「眉間のしわ」
  • with knitted brows:「眉をひそめて」

です。

つまり、brows unknitted は不審顔のロバーツ氏の眉間のしわが、 『忘却術』によってとれた=警戒が解けたことを表現してます。

八文字眉

一方、日本語版ハリポタで使われている八文字眉とは、眉尻が下がって「八の字」に見える眉のこと。

ちょっと情けない感じの、困り顔のイメージです。

コレ (´・_・`) でもいいかも(笑)

まとめ

ワタクシ的には、この場面のロバーツ氏の表情は八文字眉とは違うかな~と思いました。

以下の訳文をサジェストして終わりにします(・ω・)ノ

とたんにロバーツさんの目が虚ろになり、眉間のしわもとれ、夢見るようなとろんとした表情になった。