英語で読む ハリーポッターと炎のゴブレット 第7章-7「母趾球」

balls of feet で母趾球。

しかし「母趾球」なんてタイトルつけてたんじゃ、ググッて来る人など皆無でしょうね~(笑)

ルードはちょっと盛りは過ぎたがガッシリした体つきだった

He had the look of a powerfully built man gone slightly to seed; the robes were stretched tightly across a large belly he surely had not had in the days when he had played Quidditch for England.
Harry Potter and the Goblet of Fire, P.80 Lines 9 to 12

『魔法ゲーム・スポーツ部』のルード・バグマン登場。

go to seed で「盛りを過ぎる」

と辞書に載ってはいるもののピンと来なかったので、ネットで調べてみました~

go to seed

To decline or fall apart; to become worn and shabby.

This phrase comes from gardening. After a plant has flowered, it falls apart, sending its seeds into the soil. As the plant dies, it ‘goes to seed’.
Hicksville has gone to seed since the last time I was there.
Urban Dictionary: go to seed

ガーデニングの世界から来た言葉で、満開だった花も散り、次の世代へつなぐための seed「種子」を残して… ということから、go to seed が「盛りを過ぎる」という意味になるようです。

Quidditch for England

England を無条件に「イギリス」に翻訳してしまう脳…

そんなワタクシのような方には、この記事がオススメです!
イギリス人はクイーンズイングリッシュを話さない?イギリスの英語事情

ちなみに日本語版ハリポタでは、Quidditch for England は「イングランド代表チーム」になってましたョ。

足にバネでもついてるような歩き方

‘Ahoy there!’ Bagman called happily. He was walking as though he had springs attached to the balls of his feet and was plainly in a state of wild excitement.
Harry Potter and the Goblet of Fire, P. Lines 16 to 18

明らかにクィディッチ・ワールド・カップのせいで、興奮した様子で近づいてくるルード。

balls of feet

ball は「体の丸く膨らんだ部分」という意味があり、balls of feet で足の裏の親指の付け根にあるふくらみを指します。

balls of feet, source

画像を見れば一目瞭然。ちょっとドクターの指す位置が左にずれてるような気がしますけど。

正式?には 母趾球(ぼしきゅう)というそうです。

ところでこの ball という単語、「体の丸く膨らんだ部分」という意味から想像つくように、かなりきわどい部位を指す単語でもあります(;・∀・)

マーリンの saggy left な testi*** を思い出しちゃいましたハ

英語で読む ハリーポッターと炎のゴブレット 第6章-5「マーリンのアレなイディオム」
Merlin's beard に Merlin's pants に・・・まだまだ続きますよ~、どんどんきわどくなりますよ~( ̄◇ ̄;)

踵にバネ?

いろいろ調べた後に日本語版を見てみたら、balls of feet が「踵にバネ」ってことに( ̄◇ ̄;)

まるで踵にバネがついているように弾んで、完全に興奮しまくっている。
ハリー・ポッターと炎のゴブレット, P.134

「踵にバネ」という表現の妥当性については、正直なところいいも悪いもわからないのですが…

やはり翻訳は忠実に訳せばいいってものではないですネ~

当たり前の話でサーセン(・・;)