Original photo by régine debatty

英語で読む ハリーポッターと炎のゴブレット 第2章-1「たまたま」

As it happens が「たまたま」なのか、「実は」なのかについて。

As it happens, both. デス (・∀・)

たまたまこの部屋には、異常なほどたくさん、普通ではないものがある

Harry took his face out of his hands, opened his eyes and stared around his bedroom as though expecting to see something unusual there. As it happened, there were an extraordinary number of unusual things in this room.
Harry Potter and the Goblet of Fire, P.21 Lines -15, -14

悪夢から目覚め、何か普通ではないものを予期するかのように部屋を見渡すハリー

as it happens は手近の英和辞典だと「たまたま」「偶然」。タイトルも日本語版ハリポタからの引用で、「たまたまこの部屋には~」となっていますが、ここは「実際は」「実のところ」の方がピッタリきそうです。

少し長くなりますが、前後を含めて日本語版から引用しますと、

ハリーは顔から手を離し、目を開けて自分の部屋をじっと見回した。何か普通ではないものを見つけようとしているかのように。たまたまこの部屋には、異常なほどたくさん、普通ではないものがある。
ハリー・ポッターと炎のゴブレット, P.29

ためしに書き換えてみます!

ハリーは顔から手を離し、目を開けて自分の部屋をじっと見回した。何か普通ではないものを見つけようとしているかのように。実際この部屋には、普通ではないものが異常なほどたくさんある。

もともとの英文は、

「普通ではないものを予期するかのように恐る恐る見渡してたけど、実際この部屋には普通ではないものがたくさんあった」

という若干おかしみを込めた表現なので、その対比がわかりやすくなるように言葉を並べ替えてます。

As it happens

あらためて、as it happens を Oxford Dictionaries から引用しますと、

Actually; as a matter of fact.
‘we’ve got a room vacant, as it happens’
Definition of as it happens by Oxford Dictionaries

次のような例文も、「実際は」「実のところ」がピッタリくるパターンですね。

I thought, quite wrongly as it happened, that he might be able to give me some advice that would help me out of the difficulty.
私は、この難局を乗り越えるためのアドバイスを彼がしてくれるんじゃないかと期待していた。実のところまったくの心得違いだったわけだが。