英語で読む ハリーポッターと秘密の部屋 第18章-5「名前を気軽に呼べるあの人」

ドビーによると、トム・リドルは He Who Could Be Freely Named「名前を気軽に呼べるあの人」ということだった模様です(^0^)/

闇の帝王の昔の名前なら気軽に口にすることができる、そういうわけだったのでございます

The Dark Lord, before he changed his name, could be freely named, you see?
Harry Potter and the Chamber of Secrets, P.249

『名前を呼んではいけないあの人』は今度のことに関係ないって言ってたのに、どゆこと?と問うハリーに対する、ドビーのセリフ。

これも若干超訳風です。

before he changed his name を「名前を変える前」と訳すと、「名前を変える前」の名前って、つまり最初に言及した名前のことになり、なんだかわけが分からなくなるので・・・。

ドビーがいいたいこと

闇の帝王の昔の名前(トム・リドル)は、いわば

He Who Could Be Freely Named

『名前を気軽に呼ぶことができるあの人』であり、

He Who Must Not Be Named

『名前を呼んではいけないあの人』ではないという意味で、関係ない ということだったのだ。

とドビーは申しておるようです・・・。

それに対するハリーの反応: ガクッ(-_-;