Photo by Charles01 - Ford Anglia near Biggleswade / CC by SA3.0

英語で読む ハリーポッターと秘密の部屋 第5章-1「フォード・アングリア」

ハリポタに出てくるフォード・アングリアは1960年代頃の車ですが、e-bayではいまだに5000ユーロ(日本円で約60万)とかで売りに出されているようです。

みなさんもいかがですか?

もちろん、ハリーはウィーズリーおじさんが追加しておいた特殊な装備を計算に入れてなかったのだ

He had reckoned, of course, without the special features which Mr Weasley had added.
Harry Potter and the Chamber of Secrets, P.53

8人の乗客と6個のトランクその他もろもろが、なぜ小さなフォード・アングリアに詰め込めるのか、不思議で唖然とするハリーに続く文章。

一読すると reckoned が一体何を思ったのかピンと来ませんが、had reckoned と過去完了形であるところがポイントで、これは前段で「なんでフォードに詰め込めるのか不思議だな~」と思ったことを指します。

で、そのとき(不思議に思ったとき)は、ハリーはウィーズリーおじさんの魔法のことを考慮してなかったという意味ですね。

マグルって、私たちが考えているよりずーっといろんなことを知ってるのね

Muggles do know more than we give them credit for, don’t they?
Harry Potter and the Chamber of Secrets, P.53

フォードの後部座席にハリー以下4人が心地よさそうに収まっているのを見た、ウィーズリーおばさんのセリフ。

この後、

おばさんとジニーが座っている前の席は、公園のベンチのような形に引き伸ばされていた。
「だって、外から見ただけじゃ、中がこんなに広いなんてわからないもの。ねえ?」
ハリー・ポッターと秘密の部屋, P.99

と続くのですが、これは普通にマグルを褒めているわけじゃなくて、「魔法を使ったことはわかっているわよ」って感じでウィーズリーおじさんを皮肉ってるんでしょうね。

十分もすれば雲の上、誰も気づきはしないさ

We’d be there in ten minutes and no one would be any the wiser
Harry Potter and the Chamber of Secrets, P.54

キングズ・クロス駅への出発当日。忘れ物やらで遅れに遅れてしまったウィーズリー一家とハリー。ウィーズリーおじさんは、おばさんに空中飛行を提案(もちろん却下)。

no one would be any the wiser はイディオムとして覚えてもいいかと若干あきらめ気味でしたが、研究社の辞典に wise に関するこのような説明が。

【叙述的用法の形容詞】[通例比較級を用いて]
(今までわからなかったことが)わかって、気づいて;得るところがあって
用例
・We were none the wiser for his explanation. 彼の説明を聞いてもさっぱりわからなかった。
研究社 新英和中辞典

his explanation の分、それだけ wiser だ(よりわかった、気づいた)というのが、the wiser for his explanation の部分の解釈です。

ただし、最初に We were none と否定されているので、「彼の説明文だけよりわかる」ということはなかった、つまり「彼の説明を聞いてもさっぱりわからなかった」となります。

でハリーポッターに戻ると、直訳すれば

十分もすれば雲の上だけど、(それによって)その分誰かが気づくということはない

ということから、後半の部分を意訳して「誰も気づきはしないさ」となります。

車のタイヤがフワフワした雲の海すれすれに飛び、

The wheels of the car skimmed the sea of fluffy cloud, the sky a bright, endless blue under the blinding white sun.
Harry Potter and the Chamber of Secrets, P.57

ロンと二人で雲の上を飛行中のハリー。

skim は「すくう」「すくいとる」のほかに、「すれすれに飛ぶ」という意味があります。ここは最後の意味ですね。

日本語版ハリポタは、

車のタイヤはふわふわした雲の海を掻き、眩い白熱の太陽の下に、どこまでも明るいブルーの空が広がっていた。
ハリー・ポッターと秘密の部屋, P.105

と、「すくう」「すくいとる」の意味から「雲の海を掻き」となっているようですが、誤訳じゃないかなぁ。そういう解釈もあるのかなぁ。。