英語で読む ハリーポッターと秘密の部屋 第11章-7「バラクラバ」

バラクラバ=目だし帽。
ごく普通のアウトドア用途もあるのに、画像検索すると何だか犯罪者っぽいのばっかり・・・。

ハグリッドの顔はウールのバラクラバですっぽり包まれていて、頭の上には雪が降り積もっていた

Hagrid’s face was entirely hidden by a woolly, snow-covered balaclava,
Harry Potter and the Chamber of Secrets, P.150

バラクラバ、何のことか知らなかった・・・。

口が開いている三つ穴タイプのバラクラバもありますが、ハグリッドのかぶっているものはしゃべるときに引き上げる必要があるので、口に穴は開いてないようです。

ちなみに日本語版ハリポタでは「バラクラバ頭巾」となっていましたが、目だし帽とかでよかったような。

ピーブズはもう半回転して元に戻り、

He flipped the right way up, filled his lungs and, before Harry could stop him, screamed,
Harry Potter and the Chamber of Secrets, P.151

flip the right way up はあまりピンと来なかったのですが、日本語版ハリポタの訳を参考にしつつネットで検索してみると、

回転したりひっくり返ったりしたものを、もとの正しい向きに戻す

という意味があるようです。ま、いわれてみればそうかなという感じですけど。

たとえば、「ひっくり返ってしまったカヤックを元に戻すには?」という文章では、このように使われていました。

Right the Kayak
Many kayaks are easy to flip the right way up again. Reach under the kayak and grab the two side carry handles; one with each hand. In a quick motion, pull the furthermost hand towards you and push up and away with the closest hand.
This will turn the kayak the right way up again.
Sit-on-Top Remount – KAYAK HQ

ハリーポッターに話を戻すと、ピーブズは前段で、

Peeves stopped, halfway through a mid-air somersault.
Harry Potter and the Chamber of Secrets, P.151

宙返りの途中で止まったとあるので、そこから flip the right way up で元に戻ったということですね。